元野球記者の球場飯、雑記ブログ

おいしいスタジアムグルメ、周辺のお店紹介するよ。雑記も書くよ

プロ野球観戦初心者でも楽しめる!スタジアム観戦のおもしろいところ

 

野球観戦って、もちろんプロ野球選手のすごいプレーやすごい試合を見ているのも楽しいですけど、ほかにも楽しみってたくさんありますよね。

 

紹介しているように、球場飯・スタジアムグルメもその一つでしょう。「あの球場飯が食いたいから、ついでに野球も観ていくか!」って感覚の人も絶対いるはずです!

 

ほかにはどのような楽しみ方があるか?独断と偏見も交えつつ、ご紹介していきたいと思います!w

 

①始球式に豪華ゲストがたまに来る

 

 

 始球式には、アイドル・俳優・女優・お笑い芸人・タレント・他種目のアスリートなど、すごい面々がやってきます!私も記者をやっていた時には、篠田麻里子さん、土屋太鳳さんなど、テレビでしか見たことがないような華やかな人たちを球場で見ることができました!

まあ、結構「この人誰だろう・・・」って人もいるんですけど(笑)、でも、そういう人でもすごい球投げたりすると球場全体が「おお~!」って拍手に包まれたりします。

なお、ネットのニュースなどで「〇〇、ノーバン始球式!」って見出しつけてること結構ありますよね?w あれは本当に狙って書いています・・・実際、「そんなわけないだろ」ってわかりつつも、ちょっと見てみたくなってしまう男の心理を利用しているのでして・・・w

 

大物が始球式をやる可能性が高いのは、やはり注目される試合ですね。開幕戦、ホーム開幕戦、クライマックスシリーズ日本シリーズなどは確率高いです。

あと、始球式ではないけど、ゲストで登場するパターンもありますね。

今、日本のJリーグ・ヴィッセル神戸に加入することが決まって話題の、スペイン代表・イニエスタ選手も、オーナーが同じ楽天ゴールデンイーグルスの試合で、日本にお披露目(?)されました。

 

 

②知らない人達とでも、応援の一体感が楽しめる!

これは外野スタンドで応援している場合に多いですね。

誰かがホームランを打った。すると当然ファンは喜びます。隣で応援している面識のない人とでも、自然とハイタッチをかわしたくなってしまいます。

応援団の応援に乗せられて、周りのファンと一緒に、声を出して応援がしたくなります。

 

 

想像してみてください。

1点差ビハインドの9回裏、2死満塁。

2ストライクに追い込まれながらもバッターは粘る。粘る。そしてー。

痛快なサヨナラ満塁ホームラン。

現地のファンはもう大盛り上がりです。声にならない叫びをあげて、だれかれ構わずハイタッチ、ガッツポーズの嵐です。

こんな体験、なかなかできるものではないと思ってらっしゃいますでしょう。でも、ここまで劇的でないものなら、しょっちゅうあります。

試合途中の逆転、期待の新人が活躍、エースの完封、4番の一発。

これでも十分に、一体感を感じて楽しめます。

 

③試合中の演出が結構凝ってる!

 

 

 

 

球場を盛り上げてくれるマスコット、12球団様々なものがいますが、楽しませてくれますw

また、ライトを使った幻想的な空間となることもありますし、野外球場なら、花火が打ちあがることもあります。

ホームのチームが勝利した時には、ヒーローインタビューもありますし、派手な演出をしてくれる球団が多いですね。

また、演出とは違うかもしれませんが、ラッキーセブンと言われる7回の攻撃前には、ファンの皆さんがジェット風船を膨らませ、応援歌の最後に飛ばすという名物的なものが見られます。

これは来場者数が多ければ多いほど壮観なものになるので、ぜひ1度は見てみてほしいですね!