元野球記者の球場飯、雑記ブログ

おいしいスタジアムグルメ、周辺のお店紹介するよ。雑記も書くよ

マツダスタジアムにカープ・菊池観に行く?なら「カープうどん」食っとけ!

 セリーグを2016・2017と連覇した広島東洋カープ

 

 一時期は低迷期を迎えていましたが、カープ女子という言葉も生み出すほど人気球団となりましたね。マツダスタジアムは360度が真っ赤なファンで染まっていますが、関東の神宮・横浜スタジアムなどでもレフトスタンドは真っ赤に染まって壮観です。

 

 

 

 

選手では、平成元年生まれの1・2・3番コンビの田中・菊池・丸の「タナキクマル」トリオや、2000本安打を達成した新井貴浩選手など、人気がある選手が多いですね!

 

そんなカープが本拠地とするマツダスタジアムで、お勧めの球場飯をご紹介します!

 

 

 【カープファンのソウルフード!】カープうどん

 

 

 

 カープマツダスタジアムの前に本拠地としていた「広島市民球場」の時代から、50年以上の歴史を誇るうどんです!

肉、てんぷら、きつねのすべてが入った「全部乗せ」は700円!

さっと食べられるうどんなので、イニング間などには結構長い行列ができたりします!マツダスタジアムに行った際には、ぜひ食べたい一品ですね。

(販売場所:内野一塁側)

 

【孤高のグルメにも出てきた?!】広島名物コウネ丼!

 

 

 

「お父さん、野球にする?ビールにする?それとも肉にする!?」という長い名前のお店で売られている一品ですw

こちらは牛のコウネ(コーネ)という部分を乗せた丼ものですね。

牛肉の部位でブリスケ(前バラ、肩バラ)という部位を、広島ではコウネというようです。(ちなみに、熊本ではコーネは馬のたてがみの部位を指す)

孤高のグルメという番組でも紹介された部位みたいですよ!

 

牛肩バラの付け根辺りの肉で、焼肉店では希少部位として扱う店もあるようですね。

 

そんなコウネがふんだんに使われた丼なので、贅沢な気分になれそうです!お値段は850円。

(販売場所:内野ネット裏正面)

 

 

【手軽に買える!】山賊むすび!

 

 

 

 正面入り口の右側の階段上にある「むさし」というお店のおむすびです。

大人のてのひらサイズの大きなおにぎりで、こんぶや鮭が中には入っています。

お店の中で食べるスペースもあるので、食べてから観戦しに行くのもよし、持って入って席で食べるのもよし。

ちなみに、山賊むすびにからあげや枝豆がついた「カープ男子山賊むすび」や、「カープ女子むすび」もあります!

(販売場所:正面入り口右側階段上)

 

【総括】

 

マツダスタジアムは、球場をコンコースで1周できるようになっており、その周りにグルメ販売店が並んでいます。ですので、歩きながらどのような店があるかを見て回れるのでとても便利ですね!

 

また、マツダスタジアム寝ソベリアや、「砂かぶりシート」など、観戦するシートにもこだわっています!

 

 

 

「びっくりテラス」や「パーティグリル」のシートでは、なんとバーベキューもできちゃいますよ!w

 

 

いろんな席でいろんなグルメを食べて、楽しみましょう!