元野球記者の球場飯、雑記ブログ

おいしいスタジアムグルメ、周辺のお店紹介するよ。雑記も書くよ

ZOZOマリンスタジアムにロッテ・涌井観に行く?なら「もつ煮」食っとけ!

 

 海風吹くZOZOマリンスタジアムに本拠地を置くのが、千葉ロッテマリーンズです。

 

 1998年、プロ野球新記録となる18連敗をしているチームですが、2005、2010年と、リーグ3位からの下剋上による日本一を達成しているなど、現在ではAクラスに頻繁に顔を出すチームとなっていますね。

 

 ロッテの有名選手といえば、2014年にFA移籍してきた涌井投手、2度の首位打者を獲得している角中選手、新人王・最優秀防御率などのタイトルを獲得している石川投手などがいますね!

 

  

 また、2017年に登場したマスコット、謎の魚(これが本当の名前らしい)が、その特異さから人気を博しているのだとか・・・w

 

 

 そんなマリーンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアムのおすすめグルメをご紹介します!

 

 【マリン名物】もつ煮!!!

 

 

 

マリンスタジアムには「3大もつ煮」があります。

①曽根会長のもつ煮込み(500円、販売所:外野センターバックスクリーン裏「サンマリン」)

②千葉もつ煮込み(650円、販売所:フロア2内野中央Cゲート付近「Food Court Chiba」

③かずちゃんのもつ煮込み(450円、販売所:フロア4内野一塁側402通路横「ストライク」

 

①の曽根会長とは、「千葉のお天気番長」の異名を持つ、店主の曽根さんのことですwしょうがの味が効いてますね。

②の千葉もつ煮は、もつ・野菜・こんにゃく・味噌・八街ピーナッツの全てが千葉県産というこだわりの逸品です。

③のかずちゃんのもつ煮は、しょうがとニンニクの味がマッチしてほどよい風味を出しています。

 

ちなみに曽根会長は、2018年現在92歳!なぜお天気番長とよばれているかというと、昔、漁師をしていた経験から、マリンの天気をピタリと当てまくっていたからだとか。平日ナイター限定で、球場内にお天気番長の天気予報も出していた時期もあるそうです。

 

 

 

【がっつりブタさん!】BUTASANの豚玉丼

 

 

 

こちらは球場外、外周にケータリングカーで販売している「BUTASAN」の豚玉丼です。

こってり系のしょうゆベースで焼かれた豚の上に、目玉焼きがのっかっています!

これは男にはもってこいのメニューですね。結構おなかが満たされます。

BUTASANは北海道の味と素材にこだわっていて、十勝産の豚のほかにも、旭川産のトントロやザンギもあります!

外周にはほかにもいろんなケータリング販売をしているお店がありますの、迷いそうですね!

 

 

【ながくてもちもち!オーロラポテト!

 

 

 

オーロラポテトは「もちもちポテト」とも言われていますが、その名の通り長くてもちもち、おいしいポテトです。

700円とちょっとお高いかもしれませんが、お酒のつまみには抜群。

球場外のテントが立ち並ぶエリアで購入できます。

 

【総括】

実は、僕が記者をやっていたころ、スマイル デリというお店の「ガパオ丼」と、ひろ屋というお店の「ステーキ丼」がめちゃくちゃおすすめだったんですが、2018年現在は出店していないそうです・・・悲しい。

 

 

 現在、ひろ屋の方は、千葉県長尾郡一宮町にお店をオープンしているようですね。スマイルデリの方は、青山、千駄ヶ谷など、都内各所で販売を続けているようです!

 

 ロッテファンなら、こういうお店に行ってみてもいいかもしれませんね!

 

また、ZOZOマリンは海辺に近い立地であるため、平気で風速10メートル越えしますw 寒い日はマジで極寒なので、気を付けてください!