元野球記者の球場飯、雑記ブログ

おいしいスタジアムグルメ、周辺のお店紹介するよ。雑記も書くよ

【プロ野球今年の流行り?】ホームラン後のサイレントトリートメントまとめ

プロ野球界・メジャーリーグでも!サイレントトリートメントまとめ

 

今年、日本のプロ野球界では、サイレントトリートメントが一つの流行となっているような感じですね。

 

メジャーリーグなどでは、以前からあった、ホームランを打った後の儀式の一つです。

 

 

 ドジャース前田健太投手も、2016年にメジャーで初ホームランを打った際、サイレントトリートメントを食らっていますw

 

 

サイレントトリートメントとは

 

サイレントトリートメントとは、メジャーリーグの風習・しきたりのようなもので、

 

 

 

ホームランを打った選手に対して、無視したり、ひどい時にはベンチ裏に全員引っ込んでしまったり、

 

ベンチでは何もなかったかのようによそよそしい態度で迎えて、そのあと手荒い祝福をするというようなものですw

 

 

 

 

 

これが今年、日本のプロ野球でも行われるようになってきましたw

 

 

きっかけは多分・・・大谷翔平

 

 

 日本のプロ野球でサイレントトリートメントが見られるようになったのは、おそらく大谷翔平選手のメジャー1号ホームランが影響しているでしょう。

 

 

4月4日にメジャー1号ホームランを放った大谷選手でしたが、ベンチに戻ると誰も祝福してくれませんw

 

 

しびれを切らした大谷選手は、キンズラーに抱き着いて「どうなってるんだおい!」と言わんばかりに体をゆすりました。

 

 

そしてようやく、ほかのチームメートたちが大谷選手の下に駆け寄ってきて、祝福をしてくれていましたw

 

 

この後、日本のプロ野球界でもサイレントトリートメントが見られるようになったため、おそらく大谷選手のこの映像がきっかけとなったのでしょう。

 

草野球の教科書

 

 

 日本プロ野球界のサイレントトリートメントまとめ

 

岡大海千葉ロッテマリーンズ

 

 

伊藤光(横浜DeNAベイスターズ

 

 

大島洋平中日ドラゴンズ

 

 

大野奨太中日ドラゴンズ

 

 

 

青木宣親東京ヤクルトスワローズ

 

 

内川聖一福岡ソフトバンクホークス

 

 

 

 内川選手は今年、通算2000本安打を達成していますが、

 

 

その試合後のベンチ裏でも、サイレントトリートメントを受けていますw

 


内川選手公式戦通算2000安打達成ロッカー サイレントトリートメント 20180509